美味!ノルウェー産サバを推す、大阪・寺田町めしや幸のオヤジの話

幸のオヤジです

ウチは基本「ノルウェー産のサバ」

塩焼きやら煮付けやら提供してるんやけど

今日はそんな脂ノリノリで

日本のサバの数倍、美味い

ノルウェーサバについて書いてみる。

日本人に馴染みの深い鯖(サバ)。

オヤジは庶民的な料理しかできんが、

松輪鯖とか、金華鯖とか、

とにかく日本人にとって身近で

有名な料理もたくさんあるサバ。

まぁ鯖と言えば、

味噌煮(煮付け)、塩焼き、

竜田揚げ、などなど、

オヤジの店でも定番になっている

定食としても扱いやすい代物。

オヤジも、もちろん好物やが、

オヤジの師匠はもっと好きやったw

魚好きとしては、サバを使った定食って

絶対外されへん所ちゃうかなと思う!

今回はサバはノルウェー産に限るぜ!

ってことを伝えられればと思うで~

最後までよろしくや

ノルウェー産サバを推す、めしや幸のオヤジの話

ほんじゃ、サバについて

色々書いてみようと思うけど、

勘違いせんといて欲しいのは

別にオヤジは魚博士でも何でもないんで

めしやの個人的な意見やと思って

気楽に見てやってくれ~

店ではよくサバ定食やっとるけど

サバについて、少しくらい知ってる方が

なんとなく味わい方も変わってくるやんけ?

(関係ないかw)

ま、あんましウンチクうるさいのは

好みではないので、イチイチ人に言うなよ?

サバもどうせ食われるなら

少しくらい自分の事分かってもらいたい!

・・・って思ってるハズやからな!

ちょっと過剰な考え方か?w

ま、

有り難く食うための記事やと思って

見てやってくれぃ~

ノルウェーサバの収穫時期

ノルウェー産のサバとして、

日本で有名なのが、いわゆる

「大西洋」で取れるサバの事やねんな。

簡単に、大西洋のサバの回遊を説明しとくと、

スペインの沖で産まれた後、サバの稚魚は、

英国の北側を通って、餌場に向かうんやな。

ほんで、北側の餌場で成長したのち

ノルウェー沿岸で産卵群を作って

秋頃から再度、産卵場所へ回遊してくるんや。

※場所よう分からん言うヤツは

地図載せといたるから確認せいw

んで、魚は結構なんでもそうやが、

産卵前って脂も少なくてイマイチなんやな。

サバも例外ではなく、

ノルウェー沿岸に上がってきたてのサバは

脂が非常に少なく、食用としてはどうなん?

っていうレベル。

せやから、産卵期前を

ノルウェーの漁師達は狙うわけやな!

待ちすぎて、

産卵期にかち合ってしまえば

体の栄養が主に卵に使われるさかい、

今度は脂が抜けていくからや。

まぁオヤジの簡単な説明はこんな感じ。

ノルウェーサバが

どんなタイミングで捕られてんのか

ちょっとは知っとくべきや人間ども。

1980年代を境に乱獲によって減るサバ

日本の漁業が盛んやった頃、

「マサバ太平洋群」ってのがあったんやな。

オヤジはまだガキんちょ(生まれてないか?)

やったし、よく知らんのやが、

オヤジの師匠なんかも言うてたけど

「まさかサバがこんなに高くなるとはな」

っていうのはチラホラ聞く話ではある。

数字で言うとくと、

1980年前に5000万トンから

2000万トンまで急激に落ちたらしい。

まぁ当然のごとく、それに比例して

マサバの親魚量も比例して落ち込んだ訳やな。

ほんで調べてみたら分かったけど

資源量減少の原因ってのは

その頃のアホな日本人による乱獲

なんやなコレが。

ホンマ、アホとしか言いようがない位、

計画性のない漁業が当たり前になっとったんやと。

まぁオヤジの見解によると、

利益最優先っちゅーかね。

大体そんなとこやろって感じ。

そのお陰で今を生きる我々が苦労する。

自分らはあぶく銭で、しこたま贅沢して、

もはや、この世におらんジジイ共もおるやろ。

悪しき一時代を作った

いにしえのアホ日本人等のことやな!

・・・おっと、また小言がw

ほんでや、

その後、現在までずっと

サバの資源量って、

極めて低い水準で推移してんのよ。

ニュースなんかでも取り上げてたし

見たことある人おると思うけど、

90年代以降、この事態に

1番困ったのがサバの加工業者やねんな。

サバがとれへんねんから

そりゃまぁ死活問題やわな?

必死に代わりとなる魚を

海外で探し回った結果、

ノルウェーサバに辿り着いたんやな!

ノルウェーでは養殖魚の餌となっていたサバ

日本の加工業者が、

必死に代わりとなるサバを探した結果、

最終的にノルウェーのサバに注目。

ほんま、よう見つけたなw

っていうか・・・

マジで日本なんかの為にありがとうやな。

でも、そんなアホな日本やったけど

結果オーライな感じであったんも事実。

実はノルウェーでは、

サバを食べる文化がなかったらしい。

調べてみると、80年代までは

養殖魚の餌になるほど価値の低い魚

やったんだとか。

なんてこった。こんな美味しい魚が・・・

さぞ、養殖魚たちもご馳走であった事だろう。

せやから、ノルウェー側からしても

まさかの需要にびっくりしたことやろう。

ほんで、90年代に入って、

日本市場向けのサバ漁業が急成長って流れ。

日本を救ったノルウェーサバ

料理する人は絶対分かると思うけど

ノルウェーのサバって、

焼いてても、にじみ出る脂が違うし、

たき物しても、出汁の味が旨味たっぷり

って感じで、他使えなくなるくらい素晴らしい。

さっきも書いたけど、

魚って産卵期前が脂のってええ感じ。

ノルウェーのサバも同様に

産卵期前の脂がのったタイミングで、

捕ってくれてるからやねんな。

で、これが安定的に

日本に供給されてるので

我々はいつでも気にすることなく

サバを食すことが出来てるねんな。

あ・・・

サラッと言うてもーたけど、

「安定的に」やからな?

これがどんだけ幸せなことか!

まさに日本のサバ文化を守ってくれてる

と言っても過言ではないと思うで?

でも、いくらサバ文化守ってくれてるいうても

美味しくなかったら辛いところやん?

ところがどっこい、

味も国産サバに引けを取らないどころか、

ノルウェーサバの方が美味しい(とオヤジは思う)

最近じゃ、ノルウェーサバ

積極的に使う店も多くなってきてるしな。

ま、オヤジはずっと

ノルウェーサバがええって

口酸っぱく言うてきてるけどな!

たまにサバのウンチク語ってる

アホなおっさん見かけるけど、

「やっぱ国産に限るで~」

とかいうてるヤツおったら

心の中で、

これでもか!ってくらい笑ってやれ。

確かに国産も美味いが、

ノルウェーサバも負けてへんし、

好みで言うたら

オヤジは断然ノルウェーサバ。

試しに一回焼いてみ?

脂の乗りが違うから。

ともあれ、

ノルウェーサバのお陰で

日本は1つの文化を守れたって事を

覚えておいてくれたら嬉しいで。

ノルウェー産サバ推し、めしや幸のオヤジの話「まとめ」

ほんじゃ簡単にやけど

ノルウェー産サバについて

オヤジの感情をぶつけてみたで。

日々感謝して食すように頼むで!

ま、オヤジも店で使ってることやし、

(っていうか、かなり主力商品w)

書いておくべき事やと思ってな!

幸いなことに

ノルウェーではあまり需要のないサバ。

にも関わらず、

ノルウェーは安定したサバを供給してくれる。

日本のサバって需要があるため、

漁のタイミング早めたりとか

そのため、脂が乗り切っていない、

もしくは小さいウチにを獲ってまうねんな。

結果、良い状態のサバが減る。

ていう結果から考えれば、

安定してて、脂の量も充分な

ノルウェーサバに移行すんのも頷ける。

まぁ気持ちは分からんでもないが・・・

せやけど、現在になって

日本では東日本大震災の後、

サバの漁獲量が回復しつつある。

いにしえのアホな日本人の

尻拭いしてくれた人等に感謝や!

ま、今後は同じ轍を踏まぬよう、

日本の漁業のやり方自体

見直す必要があるんじゃないかね。

ノルウェーのように

安定したサバが獲れるようにな!

とはいえ、

オヤジに出来ることは

「残さず食べる」

「感謝して食べる」

それくらいしかないがな!

せめてそれくらいのこと

推進していけるように

毎日メシ作りしていきたいと思います。

以上。オヤジの長い独り言

付き合ってくれてありがとうや!

てな訳で、また次回。

ご苦労さん

お問い合わせ

店のことでも、ブログの感想でも

なんでもかまへんので、

何かあれば、下記お問い合わせから

気軽にどーぞやで。

大衆食堂めしや幸”koh”お問い合わせ

メールマガジン

それから、

いつ配信するかも分からん

店の気まぐれメルマガやけど

良かったら登録しとくと

何かええことあるかもな!

もちろん無料やし、

登録したからって悪用せんので安心せぃw

匿名でかまへんし、アドレス入れるだけやから

面倒でなければ下記からどーぞやで~

バナーが夜の店っぽいのは勘弁やで(笑)

大衆食堂めしや幸”koh”メールマガジン

これだけデジタル化が進んで

今更ネットのお勉強を始めたオヤジ。

今までメシしか作ってこーへんかったけど

これを機に色々勉強してみることにすんべ!

ま、

金は失うことあっても

知識は失うことないからな!

後悔せん生き方せ~よ~

では、あでぃおす!

幸のオヤジでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る