自動AI投資THEOテオを活用するオヤジ。1万円からのETF運用

まいど幸のオヤジです




今回は米国株(ETF)の自動AI投資

「THEO(テオ)」を活用して、

オヤジの様な”株に無知な人間”でも

簡単に投資運用できるんやでって話。

(ETF運用とか今回初めて知ったがなw)

しかも”1万円から運用できる”と来たら

そりゃもう、試しにやってみんことには

絶対に気が済まんオヤジw

最近、FXの話を投稿して

その中で

”FXは短期投資向き”って話をしたが

今回のTHEO(テオ)は、

どちらかというと長期投資の話。

・・・あ、いや、別に

あくまでも”オヤジ的に長期”って話なんで

これが「長期投資のテッパンだ!」なんて

そんな大それた話ではないので誤解無く。

ガチで長期投資の話とか、株に限らず

金やら資源やら色々ありすぎて

ワケ分からん話になってくるからな。

(そういうのはプロの投資家に聞きw)

ま、それはさておき、

1万円から始められる、積立投資運用

(積立で無くてもできるが)として

もはや有名な”THEOテオ”やけど

オヤジとしては、以前にも書いたように

”生産性のある未来”を作るのであれば

こういうやり方もアリかな?と、

実際にAI投資で運用してみて思ったね。

まぁ、こと”メシ屋に関して”は

「AIには出来ない仕事」として

日々、励んでいる所ではあるが

オヤジも体1つなので、投資運用も

任せられるモノなら任せてみたい所。

ただでさえ、メシ屋の経営で頭ひねって

その上、FXとかブログとかSNSとか

まぁ・・・あれこれ時間足らんのでねw

そんな感じなので、もし

”時間無いけど投資には興味ある”とか

そういう人の参考にでもなれば幸い。

更にいえば、今のこの時期に

如何に”生産性のある未来作り”を出来てたか?

で、数年後の自分は確実に変わってくる。

・・・というのは誰しもに当てはまる話やろ?

なので、

「後悔しない生き方を」という話でもあるし

テーマは、自動AI投資(THEOテオ)やが

考え方&手段の1つとして見てもらえればと。

って事で、オヤジなりに自動AI投資

THEO(テオ)について色々書いとくので

今回も最後までよろしく。

自動AI投資THEOテオを活用するオヤジ。1万円からの米国株運用

で、今回は口座開設の手順ってよりは

THEO(テオ)のメリットなんかを

主に書いておこうかなと思う。

実際に登録すると、最終的に

一通のハガキが自宅に届いて、

口座開設完了って感じやねんけど、

手続き自体は全てオンライン完結やし

スムーズにいけば10分程度で終わると思う。

もし、

THEO(テオ)のことは知ってるけど

口座開設しようか悩んでいる人おったら

今回を機に、始めてみると宜しいかと。

ま、口座開設の手順なんて言い方したが

流れとしては、THEOテオのHPから

口座開設のボタンクリックして

必要項目の入力と、

身分証等の写真アップロード。

で、手続きはほぼ完了なので

あとはメール&ハガキの到着待つのみ。

なので、

特にそれ以上の説明はないがね(笑)

なんでもリスクリスク言うてても始まらんやろ?

で、よく謂われがちなんが

主にネット上の評判(口コミ)等みてると

「リスクもあるし、よく考えよう」

みたいな声をよく見かけるが、

でも、そんなこと言いだしたら

何事にもリスクなんて付き物やし

明日、会社が倒産することだってある。

(それはちょっと極端かもやがw)

せやから将来、

何か起こっても対処出来るように

せめて自分で出来る範囲の事はやっとこ

っていうのが、オヤジが日々考えてること。

ま、投資運用したからとて、

全てのリスクが解消されるとは限らんが。

ただ、

全く何もせず、ボーッと働いてるよか

よっぽどマシやろ?とも思うオヤジ。

なので、実際にTHEOテオ口座作ってみて

「自動AI投資」の実力をみてみる的な

1種の実験みたいに使ってみるのもアリ。

まぁそうはいうても、何やかんや

登録とか面倒やと言う人もおるやろし、

せやったら、オヤジが勝手に

代行して口座開設&投資運用してみるし

よければ参考にして?って話でもあるので、

まぁ最後まで読んで貰えれば宜しいかと。

でもま、登録なんてホンマ簡単やし

・・・っていうか、言うちゃなんやけど、

この程度の面倒くささも嫌がるようでは

リスクに晒されるのも仕方ないかな(汗)

ま、賛否あるところやとは思うがね。

ともあれ、

とりあえずはオヤジの記事見て

THEOテオについて触れてみると宜しいかと。

テオ(THEO)とは?自動(AI)ETF運用について色々書いてみる




ちょっと前に、docomoとのコラボで

テレビCMなんかもやってたし

知ってる人も多いかと思うTHEOテオ。

冒頭から色々説明したが

THEOテオとは、言うてみれば、

マジで「ほったらかし」で済むので

超初心者向きな株の投資運用法。


なんで、超初心者向きなのかというと

口座に入れたお金を自動で運用してくれて

勝手に増やしていってくれるから。

THEOテオのキャッチコピーとして

「合理的な資産運用を、みんなのものにする」

としていて、

時間や手間をかけることなく、

1つの国の1つの資産に偏った「円預金」から、

世界の様々な地域、様々な資産にバランスされた

「分散投資」へのシフトを実現。

これまでは一部の人のみが享受していた

合理的な資産運用をみんなのものにする。

まぁ難しい言い方してるが、

要は・・・

「円預金だけじゃ、将来不安だらけですよ」

ってことを言ってるわけ。

分散するという考え方

現に、今や多くの人が

資産を「円」だけでなく

外国通貨に変えて保有してたり。

(不動産なんかも含めてね)

オヤジの知り合いにも数名いてるしな。

まぁ、日本で普通に預けてるくらいじゃ

中々、お金なんて増えへんからね。

※因みに、日本の銀行預金の金利で

資産が倍になるには約700年かかる計算。

だからこその「分散」

資産も投資もリスクでさえも

今や「分散」する時代。

1つの考え方としては

ありちゃうかなとオヤジは思う。

何でもかんでも現金、タンス預金

その他、昭和な時代の考え方

いつまでも持ってると危険っすよ~

かくいうオヤジも現金は好きやけどなw

ま、参考までに。

”一石二鳥”の考え方

で、THEOテオの場合

「積立も大事」だとしているので、

つまり、THEOテオを活用するってことは

「積立と投資を融合させる」といった所。

正に、一石二鳥って感じの

超初心者向きな投資法だと思われる。

考えてみれば、人生って突然の連続やん?

冠婚葬祭だけとってみても

一生で考えれば相当な額いるやろし。

それだけで無くとも

例えば、お子さん1人にしたって

普通に育てて”1000万円は必要”

って言われてるくらいやしな。

いくら自分が節約しようとも

どうにもならない(出ていってしまう)

お金なんて、考えるだけでも色々ある。

それを「我慢」や「仕方無い」の

一言で片付けてしまうのは簡単やが、

現状はもちろん、未来も何も変わらん。

そこで、考えられるのが

少額でもかまへんので

資産を”運用する”という考え方。

意外に、頑張るべき所っていうのは

そういう所だったりするからね~

運用とか考えた事無かったというなら

今回を機に、ぜひ始めてみるべき。

ま、強制はしませんがね。

任せる方が安心やと思うオヤジ

で、どうせやるなら

THEOテオがおすすめですよ

っていうのが今回の話。

しかも積立でやるならもっと効率的。

単なる「積立」であれば

お金って、それ以上に増えへんけど、

THEOテオの場合だと

人工知能(AI)が自分に変わって

安全に投資、運用してくれる。

だからこそ、なんべんも言うてますが

”超初心者向き”なんですよ。

無理に投資の勉強なんかせんでも

お任せでやってくれるわけやし、

何より、安全に運用してくれる。

素人が適当に首突っ込むより

よほど安心して見てられると思うし。

自分でやるのもリスクやで?

ん?人工知能に任せるのが怖いと?

まぁ、気持ちは分からんでも無いが

そんなこと言い出したら

普通に自分で投資運用したって

リスクって必ず伴うわけやし、

そもそも、いきなり莫大な量の

株の勉強なんて出来るんかい?

って話も加わってくる。

ま、投資するのに勉強せんと

やったらアカンなんてルールは無いが

それでも、ある程度は必要な部分ではある。

とはいえ、勉強勉強で

いつまでも着手せんままおったら

あっちゅー間に、時間なんか過ぎてるでな。

ということは、同じくして

リスクを背負うというならば

出来るだけ小さい方が賢くない?

と、考えるオヤジ。

しかも慣れれば、お任せを解除して

自分で運用する設定にもできるので

勉強しながら同時進行で運用してみる

というのも1つの手ではないかと。

でもま、そこは自由なんで強制はしない。

普通に毎月一万円、

ただただ積み立てるというのであれば

別にTHEOテオでなくても良いワケで

”運用する”という考え方もあるんやで

というのが今回の話でもあるんでね。

人工知能(AI)の実力をみる実験

とはいえ、

まだまだ人工知能というモノに対して

不安が残るってのも分かるがね。

例えば、車の自動運転の技術だって

あれだけ進歩してるにも関わらず

未だに「運転を任せるのは不安・・・」

って声は、完全に無くなってないし。

今回のTHEOテオにしたって

色々、意見は分かれる所やとは思うが

やらんと後からネチネチ文句言うのは

オヤジの1番嫌う所でもあるし。

ま、そんな感じなんで

オヤジが勝手に試験運用してみますよ。

たまに経過なども、

ツイッター(たまには活躍させんとなw)などに

アップしよかなと計画中なんで、

もしTHEOテオやってみよか悩んでる人おれば

試しにフォローしておくと宜しいかと。

少しでも参考になればと思うんでね。

もちろん”見せる用”の口座でやるので

1万円しか入れませんが悪しからずw

ってことで、以下は

簡単なテオの説明になってるので

興味ある方はぜひ最後までどうぞ~

実際の口コミなど

と、その前に、THEOテオについて

オヤジが気になった口コミなども

念の為載せておこうかと思う。

実際の声って気になる所なんで

参考材料にしてみるのも宜しいかと。

まぁ、中には辛口評価の方もいてるが

長期投資として考えればアリな範囲かと。

それでも判断は自分自身やし

口コミなんてのは、あくまでも

参考程度にどうぞやで~



テオ(THEO)のETF資産運用方法など、更に詳しく書いてみる

ではここから

ちょいと小難しい話。

(オヤジ的にってことなw)

まず、THEOテオの資産運用手法は

「グローバル分散投資」と呼ばれるもの。

例えば、”ETF”とか

THEOテオについて調べんかったら、

オヤジは一生知らんかったような言葉w

その辺の事、がんばって書いてみたので

ゆっくり見てやって貰えればと思う。

(引用も多少含まれる所は勘弁なw)

新しいお金の預け方

で、世界中にはさまざまな地域の、

さまざまな種類の資産が存在する。

例えば、香港の株式、米国の債券、

不動産、金をはじめとした商品、

原油を含むエネルギーなど・・・

投資先・投資対象を世界規模で

分散させることで、リスクの分散と

収益の安定化を狙えるという特徴がある。

(ま、お金持ち達のリスク分散方式って事)

THEOは、10年単位の長い目で見た

「グローバル分散投資」を

”新しいお金の預け方”

として提案するとしていて、

その背景には

「世界経済は短期的、局地的には

停滞するリスクがあるが、

長期的、世界的に見れば成長を続ける」

という考えがある。

日本経済が停滞していると言われる一方で

アメリカ経済や、オーストラリア経済、

更には、インドなどの新興諸国は

かなりの高成長を遂げてきた。

世界経済はこの20年間で

年平均4.8%の成長を実現していて、

大きなマイナスとなったのは

リーマンショック後の2009年と

チャイナショックが起こった2015年のみ。

ただまぁ、

今回のコロナショックは痛手やが

それでも目線を変えれば

今がチャンスともとれる。

で、

次の成長エンジンとなる新たな産業は、

絶え間なく産まれ続けているとされてて

しかしそれが、

どこで産まれるかはわからんとな。

だからこそ、

世界中のさまざまな資産に分散投資をして、

どこかで産まれる”次の成長エンジン”

つながる仕組みを作ることが重要。

”新しいお金の預け方”というのは

もはや常識化してきている・・・

ということを念頭に置いとく必要がある。

ETFによる運用

世界経済の成長に連動した運用のために

活用するツールが、ETF

(Exchange Traded Fund/上場投資信託)。

ETFは、市場の動きを表す特定のインデックス

(日経平均株価、米国のS&P500など)の

値動きに連動する金融商品のこと。

もし、米国の経済成長に投資したいが、

どの企業に投資すればいいかわからない場合、

S&P500に連動したETFに投資するのが最適。

米国の株式市場全体の成長に応じた

リターンを得られるのが1番の理由。

反対に、

投資したい企業が決まっている場合は、

個別株を購入するのが良い。

しかしその場合、リスクも高まる。

うまくいけば、

米国株式市場全体の成長を超える

リターンを狙えるが、

それを下回ることもある。

(僕的にはリスクを考えると

初心者であるほど、おすすめしませんw)

株式だけでなく、債券、金、原油など、

様々な市場の動きを表すインデックスがある中で

THEOテオは、

世界中のさまざまなインデックス

「香港の株式や、米国の債券、金や原油など」に

連動するETFを組み合わせた

ポートフォリオを構築することで、

グローバル分散投資を実現してくれる。

まぁ簡単に言えば、

それだけの量の経済活動の情報収集なんて

素人がやろうなんて、相当無理があるし

ましてや仕事しながらなんて無理やろって。

せやったら、

任せられるモンは任して

運用して貰うのが手っ取り早いって話。

丸腰で、ガチのプロに勝てるわけ無いんで

まぁETFについては

興味あれば調べれば良いですが、

ぶっちゃけ、覚えた!というくらいで

投資の世界を渡っていけるほど

甘い世界ではない事は確実かと。

つまりは、莫大な情報量なんで

まず素人が覚えきれるわけ無いし、

そこにはガチでプロの投資家達が

毎日張り込んでいるわけで。

そんな所に、丸腰の初心者が

突っ込んでいったって無理って話。

どこで生まれるか分からない

新しい産業を予測出来ますか?

はたまた、

丸腰で投資運用して

リターン得られますか?って事。

(しかも個人レベルで)

まぁ勝てる見込みのあるような

IQの高~い、賢い人は良いっすけど

全員がそんな頭の持ち主ちゃうわけやし。

でもね?

「だからって何もしない・・・」

では、何も変わらんってのもまた事実。

だからこそ

「任せられる所は任せたらええんちゃう」

っていう、簡単な話。

THEO(テオ)って

その為に生まれて来てくれたような

新しい投資運用法だとオヤジは解釈してる。

なので、オヤジとしては

やらん手は無いと思って始めてみた。

こういったグローバルな視点って

すごく大事なことやと思うんでね。

極端なこというが・・・

日本円だけに依存していては

全てを失いかねんよ?

ま、参考までに。

だから、運用はすべて、テオ(THEO)にお任せ

THEOテオは

”投資一任”の運用サービス。

しかも、さきほど説明した

ETFを組み合わせたポートフォリオの

単なる提案にはとどまらず、

年齢や金融資産額などに応じて、

THEOテオが最適な資産運用方針

(ポートフォリオ)を設定してくれる。

また、資産運用方針の設定を

THEOテオに任せるのではなく、

自身の手で設定することも可能なので、

場合によっては自分で運用するのもアリ。

THEOテオは自分に代わって

ETFの買い付けを実施し、

証券口座上に実際に

ポートフォリオを構築してくれるし

一度構築したポートフォリオを

定期的にメンテナンスして、

適切な資産配分を保ってくれます。

また、資産運用方針の設定を

”THEOテオにお任せ”の場合、

THEOが1年に1回、資産運用方針を

市場データの変化や自身の年齢などに応じて

自動的に変更してくれる。

つまりは、自分で

煩わしいメンテナンスをせずとも、

資産運用方針を

常に適した状態に保てるってワケ。

ちなみに、こうした運用の結果を、

「運用報告書」で報告してくれる

なんていうオマケ付き。

な?

単にポートフォリオの設定

ってだけでも、本業のある

我々にとっては一手間というもの。

積立、投資、運用、なんて

本業やりながらやるとなれば

そりゃもう至難の業やろって。

だからこそ、資産運用なんてもんは

THEOテオに任せるのが手っ取り早いやろ

っていう話をしてるオヤジ。

(クチは悪いがなw)

リスクについて

んでまぁ、リスクなんて

何事において付いてくるもんですし

リスク怖いなんて言い出したら

何もできへんからね。

(という話は毎度してるが・・・)

でもま、一応最低これくらいは

って所で載せておこうかと。

以下、引用です

<手数料等及びリスクについて>

投資一任運用サービスTHEO(以下「THEO」)は、当社との投資一任契約により提供されます。お客様には、当社にTHEO専用の証券口座を開設いただきます。

投資一任契約に関する投資一任運用報酬は、預かり資産の円貨換算時価残高に対して最大1.08%(税込・年率)を乗じた金額となります。組入ETFの売買手数料及び取引所手数料並びに為替手数料等の費用は、当社が負担いたします。なお、THEO専用の証券口座の管理手数料は無料です。

THEOでは、主に外国籍の上場投資信託(ETF)を組み入れます。組入ETFの価格変動リスク及び信用リスクのほか、為替リスク、取扱金融機関に係るリスク等があります。組入ETFの市場価格の下落、為替変動等により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。したがって、投資元本が保証されているものではありません。

ご契約にあたっては、契約締結前交付書面や契約約款等を十分にお読みください。

まぁ難しいこと書いてはおるが、

要するに、

株にしたって、FXにしたって

同じくリスクは伴うワケで、

運用報酬とかって書いてるが

自分に変わって運用してくれてると思えば

安いバイト代ってもんやろ。

ま、そうは言うても、

結果が全てだとも思うんで

これからどうなるかは

実際に運用してみんことには

分からん部分でもあるがね。

とりあえずは”乞うご期待”って感じで。

まとめ

では、超初心者向き(積立)投資運用

テオ(THEO)について

オヤジ的にがんばって書いてみた。

オヤジとしてはリスクを考えても

そこまで敷居の高いモノでもないって所。

THEOテオを活用すれば

今まで一部の人間だけが

投資運用していた世界を

一般人が体験するには

すごく良いチャンスだとも取れる。

それに、投資運用には興味あるけど

中々一歩が踏み出せない・・・

なんて人にも向いてるんじゃないかと。

リスクは当然あるけど

やってみる価値はある。

そのように思えば

やはり、やらん手はない。

で、それでも不安だって人の為に

オヤジが先に体験してみるので

良ければ検討してみると良い。

個人的には

例えば、NISAとかやるより

全然楽かなと思うしな。

それに、積立すらしんどいって人なら

とりあえず1万預けてみるだけでも

勝手に運用してくれるので、

悩むくらいなら1万円だけパッと預けて

推移見てみるだけでも勉強になると思うし。

1万円が、半年~1年でどうなるんか

それを知るだけでも資産運用に対して

人より一歩先いってると思えるし。

ただ、投資に100%はないのも事実。

なので、そこはちゃんと

わきまえた上で取り組んで欲しい所。

・・・って言っても今回は、

積み立てる(預ける)事以外、

投資・運用のほとんどが

「AI任せ」って事になるんで

行く末を見守る位しか出来へんがねw

オヤジの方でも

あくまで試験的にというか

見せる用の1万円運用にはなるが

参考程度に運用してみたいと思う。

1万円くらいやったら、

そこまで敷居も高くないし

自身の資金状況と比較して

計算もしやすいんじゃないかと。

それに、資金に余裕ある方なら、

まとまった額、運用してみるって想定で

1万円と比較するだけでも楽しいと思う。

まぁとにかく、

「運用した方が良い」という

結果に繋がればええかなと。

ってことなんで、

一応HPのリンクも載せとくんで

下記より一度ご覧になっては如何かと。

1万円から始めるプロレベルのおまかせ資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】


気になる方は

登録するくらい無料なんで

とりあえず作ってみて、

それから考えてみても宜しいかと。

1万円の行く末を見守る

ずっと前にアカウントとって

全然使ってなかったツイッター(笑)

今回、THEOテオの運用状況なんぞ

随時、報告する用に使ってみよかと。

もちろん、

オヤジのことなんで不定期ではあるが、

気になる人はフォローよろしく。

まぁ、そんなに特別な事もなく

THEOテオの”運用観察アカウント”

(見せる用の1万円口座)って事なんで、

ただただ、1万円がどうなるんか?

を、観察し続けるだけやけどねw

でもま、何が参考なるか分からんし

面白半分でもかまへんので

フォローしといてくれればと思う。

dポイント貯まるらしい(おつり投資も)

あと、それからこれはついでの話。

THEOテオってドコモとコラボしてて

なにかとdポイント貯まるらしいので

念の為にお伝えしとく。

dポイント貯まる人やったら

更にお得に運用出来るみたいやし

他にも、おつり投資とかいうて

支払いした分のお釣りを

自動的に運用に回せる的な?

そんなサービスも書いてあったので

気になる人は読んでみると良い。

1万円から始めるプロレベルのおまかせ資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】

ま、オマケってことで書いといた。

ってことで

最後まで読んでくれておおきに。

また次回。おつかれさん

お問い合わせ

店のことでも、ブログの感想でも

なんでもかまへんので、

何かあれば、下記お問い合わせから

気軽にどーぞやで。

大衆食堂めしや幸”koh”お問い合わせ

メールマガジン

それから、

いつ配信するかも分からん

店の気まぐれメルマガやけど

良かったら登録しとくと

何かええことあるかもな!

もちろん無料やし、

登録したからって悪用せんので安心せぃw

匿名でかまへんし、アドレス入れるだけやから

面倒でなければ下記からどーぞやで~

バナーが夜の店っぽいのは勘弁(笑)

大衆食堂めしや幸”koh”メールマガジン

これだけデジタル化が進んで

今更ネットのお勉強を始めたオヤジ。

今までメシしか作ってこーへんかったけど

これを機に色々勉強してみることにすんべ!

ま、

金は失うことあっても

知識は失うことないからな!

後悔せん生き方せ~よ~

では、あでぃおす!

幸のオヤジでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る